スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いてます *影* 


image.jpeg

階段の下でこの人何してはるんやろ?と思いますか

コレね踊ってるんです
その中で 泣崩れてるんです

「最近、踊りやってるの?」と聞かれました。

一応 細々と続けていますが 他の人もいてなかなか
写真を撮りづらいのでブログにアップ出来ていませんでした。

それで 自宅で帰宅後に再現してみました(笑)

今やっているのは「影」

古典ではなく 何といいましょうか、大衆演劇の様に 芝居がかっています。

ヨヨヨ…と泣き崩れたり 
しょんぼりしたり レロレロ感がすごくて・・・

この お稽古風景だけは、友達に見られたら爆笑されそうで あんまり見せたくないなぁ。

ふすまが開くたびに『こないで~』

先生がすると ちゃんと踊りになっていて 全然おかしくないんですけどね!

その途中で 「影を慕いて」の曲が流れる趣向です。
これは古賀メロディの一曲。

♪ま~ぼろ~し~の~

まるで深い沼にぬまっぁと、はまっていくような
雨にずぶ濡れになった女性が 橋をよろめきながら歩いている様な, 暗い暗い歌ですが、 聞いているとクセになり コデマリはここ2週間ばかり ずっと口ずさんでいます。

お風呂に入りながらビブラート効かせて歌うと最高に気持ちいいよ。

落ち込んでいる時は この位暗い曲で
ドン底まで 落ちた方がいいかもしれません。
暗い事に だんだん 飽きてくるから

これは昭和6年に発表された曲だそうで 古賀氏が大学時代 失恋を苦に
自殺を図ろうとしたが 思いとどまり
その時見た蔵王の夕陽を見て
作詞のヒントを得たのだとか

昔の学生さんは純情な人が多かったんだろうなぁ


           ** 影を慕いて **

古賀政男作詞・作曲


まぼろしの
影を慕いて 雨に日に
月にやるせぬ 我が思い
つつめば燃ゆる 胸の火に
身は焦(こが)れつつ 忍び泣く

わびしさよ
せめて痛みの なぐさめに
ギターを取りて 爪弾(つまび)けば
どこまで時雨(しぐれ) 行(ゆ)く秋ぞ
振音(トレモロ)寂し 身は悲し


Comments

私もよく唄いました。

踊り 習ってるなんて 凄いですね。
発表会ありましたら、見に行きます。
私も カラオケ唄いにでも行こうかな!

何故 写真横向きなのv-236

崩れ泣く寸前の図…だもんで。
チャナさんカラオケ行くんですか?
一度聞いてみたいニャー

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/764-699faee9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。