スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疑惑 



ゆりの運動靴を約一ヶ月一回の頻度で購入している。

サイズが変わるというより すぐにボロボロになるからだ。

学校まで、なにも一里の山道を 歩いている訳でもなく
毎日、サッカーをしてる訳でもない。

子どもゆえ 運動量もすごいので いたみやすいのは 仕方ないが、
コデマリが子どもの頃 こんなに頻繁に買ってもらってないぞ。

特に 靴底部分がすり減りが激しく 雨の日に靴下が濡れるという。

靴底を指で押さえてみると…
おお!なんじゃ!たやすく凹む程 やわらかいぞ。

硬いスポンジのようだ。
これでは、アスファルトの道で簡単にあながあく訳だわ。

まさか…(((;゚Д゚))

わざと すぐ買わせる様に作ってるんじゃ。

特に安物でもなく 値段も大人と
さほど変わらないのに。


疑惑の念が湧いてきて
靴屋にいる時のコデマリの人相は非常に悪いものになっているだろう。

大体、子どもの運動靴は何故こんなにもチャラチャラしたデザインの物ばかりなのか。
ピカピカのラメやハートの派手な金具は お粗末な縫製を目くらます作戦か。

万が一、製造元に電話で
「最近の子どもの靴、すぐ穴あくんじゃないですか?」
なんて言おうものなら
クレーム係りが手慣れた調子で
「あ~はいはい。ええ、ええ。子どもさんはね~成長期ですので骨の衝撃をやわらげる為にも靴底は柔らかい素材を使用しています。
まぁ確かにその分 いたみやすいですが、子どもさんの足の健康を考えますとね~。ええ。ええ。」
などと 煙にまかれる違いない。

こうなれば こちらで 何かしら工夫を考えねば。

ゴム板はるか。
すべるか。

かかとをすらないように 足の裏 全体で着地する
歩行を 教えねば。







Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/738-f9d7c199

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。