スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻がら(おがら)を使って 

moblog_4b7118e8.jpg

お盆が近づいて スーパーでもコーナーが出来ている。

お供え用のお菓子は日本の可愛いらしさが詰まっていて
そこだけ小京都になってる。

おままごとみたいに見ていてあきない。

たぶん 意味がわからない外人さんなら お土産に
買いはるんじゃないかな・・・

毎年 微妙に新製品が出ていて
ここ何年かはプラスチックの黒い高盃に三色の菊の落雁に
蓋がついてる物が気にいってる。
住宅事情も考えて小ぶりで
センスよく
お供えした後もわけやすく
食べやすく
ちゃんと考えられて進化してる お盆のお菓子

ざるを器にスイカや果物をかたどったゼリーの詰め合わせとか
目に涼しげな うちわのお菓子。

朱色のほうずきをあしらって ハスの花のイラスト入り
でオリエンタルビューティホー!!
moblog_29105f15.jpg


ふと足元に 目を落とすと、
棒が袋に入っている

…「麻がら」
お盆の迎え火で使う おがらの事ですが ちゃんと売られているんですね。
moblog_6ee6edb8.jpg

去年まで全く見えていませんでした。その存在に。
今年は やってみようかな。

麻がらは 軽くてパサパサして簡単に はさみでカットできました。

これと、なすときゅうりで お盆のお飾り?も作ってみましたよ。
moblog_e4c63d13.jpg

キュウリは馬を表現しているらしく
少しでも早く精霊を迎えられるように。
ナスは牛を表現していて
お盆が終わって、牛に乗ってのんびりと
あの世に帰ってくださいと いう意味だって。

ユーモラスな馬と牛が( ̄∀ ̄)出来ました。

送り火は地域にもよりますが
13日の夕刻に 玄関先で
燃やし 御先祖さまが 迷わないようにするためです。

今年はいつもより丁寧に
お盆を過ごしてみようかなと思っています。

でも…このリビングじゃとてもお迎え出来ないわ。

まずはお掃除から(笑)のようです

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/616-6e77a3b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。