スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日 

一本松

一年前のあの日が やってきました。

一年前の昨日、東北の方はまさか 甚大な災害が すぐ側まできてるとは 思いもつかず 
いつも通りの生活を送っていただろう。
その次の日の3月11日から今日まで
なんて激動な一年を 耐えてきたんだろうか。

学校からも2時46分の黙祷のプリントが配れていました。

今日は日本中の国民が この時間、震災で亡くなられた方々に哀悼を捧げ同じおもいを
東北の地に馳せていた事と思います。

テレビでしか被災地の様子はわかりませんが
まだまだ復興は遠く
特に福島・原発の件は収束していないし災害はまだ続いています。
こんなに多くのボランティアさんが被災地へ足を踏み入れ,様々な支援活動をしたり
消防団員さん、や諸外国の救助隊(特にアメリカの海兵隊の方々)、自衛隊員…
海外のアーティストさんからの巨額の義援金
危険な地域なのに 防護服にみを包み 残されたペットを保護するボランテァの方
少しでも 気持ちが晴れる様にと 芸能人が炊き出しに赴いたりと
沢山の優しさも メディアを通じて ですが みてきました。

本当にありがとうございます。 

でも まだまだ道は遠いのですね。

ネットで見つけたのですが

「一本松プロジェクト」では手作りグッズを販売していたので 
こういうのを購入するのも
ささやかですが 支援になるのでは…

とおもったのですが よくよく読むと、ネットでの販売は終了していました。

もっと色々調べてみたら 同様のものがあるかもしれません。
例えば チャリティコンサートとか チャリティバザーとか 参加するのもいいと思う。
大阪では 震災の影響もなく何ら変わらない生活が送れています。

自分なりの支援を考えていきたいです

それと 今回の震災の体験を無駄にしないように 災害意識を高めて
自分達でも 色んな備えが 必要だと思います。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/437-768ad811

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。