スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り絵のチャイニーズドラゴン 


昨年の大掃除で雑誌を処分しようとしてたらA4サイズのクリヤーファイルがはさんであり
ました。
中からさらに薄紙に挟んだ ドラゴンの切り絵が。

神戸の南京町で食器や食材がズラ~とならんだショップで買ったものでした。
もう10年は前かなぁ。


その頃 友達が北京の方と結婚されたので お茶をいただく機会が多くて 中国茶が好きになりました。
自分でもプーアル茶や菊茶、バラの花茶やちょっと珍しい茶葉、棗なんかを 自分でブレンドしてネーミングつけて 友達に配ったりして…。

よく 仕入れと称して 南京町へ行っては お茶以外に 謎な食物を例えば亀ゼリーだのピータンとか
それから中華菓子を買っていました。

ココナッツ風味の四角いサクサクした あのお菓子 また食べたいな~
でっかい 月餅のナッツ餡(くるみや松の実がギッチリ入ってる)の方もどっしりして大好き。

切り絵のドラゴンを見てると
そんな 美味しい記憶が
ジャスミンティーの香りと 共に蘇ってきました。

今年は辰年だし どこか うちに飾ろうかなと出して 触ってるうちに すでに切り絵を破ってしまいました。

色はポップで元気ですが ホントにペラペラな紙の繊細な切り絵なので 額に入れないと、被害が広がりそう

このドラゴンが映える様なカッコイイ額が作れたらいいな、
と 思うのだけど。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/397-26eaca47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。