スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の話☆松田優作 


今朝 記憶に残る夢をみた。
CMを制作してるスタジオで 遠目からも ハッキリわかる男前な3人組
真ん中にいるのは 故松田優作さん
両端は息子二人

コミカルな振り付けをとっても楽しそうに息子さん達と笑顔で踊る優作さん
『こんな風に一度やってみたかったんだよ』
心の声が伝わり
スタジオの隅でその様子を微笑えんで眺めてる コデマリ…

そんな 夢でした。

もしや 松田優作さんの命日では?と思って調べたけど 全く違う日でした。(11月6日)

松田優作さんが亡くなった時はすごくショックで訃報記事の切り抜きを手帳に挟んで よく眺めていました。
在日韓国人だったことや家庭環境の背景と、まさに野獣みたいなメラメラした目の光
子供心にブルースリー、具志堅用高、の次にカッコイイと思った男の人でした
危険過ぎて近づけないけど
あまりの存在感に目が釘付けになってしまう
似てる人は決していない稀有な俳優さんでした

当時お兄ちゃん愛読書の大藪春彦さんの小説の主人公に
どんぴしゃりで。

あれから、もう何年たったのか…

生きてはいないけど コーヒーのCMに昔の映像が使われたりメディアを通じて今だに再会する時がたま~にある

すっかり大人になった息子さん達が芸能界で活躍中で タイプは全く違うけれど 特に
龍平さんに面影をさがしてしまい やはり 松田優作さんを忘れる事はこれからもないだろうな…

なんで こんな夢を見たのか わかりませんが。

あっそう言えば、この間行った310号線の
24時間ドラッグストアの入口に
「なんじゃ、こりゃー!」
ってポスターが貼ってたな
そのせいかも。

なんにせよ優作さんの笑顔が見られて、ちょっと嬉しい朝でした。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/386-b25cf141

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。