スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパール料理・チャナ 






近大近くのネパール料理チャナさんにランチに行きました。

もう何回目かな

ランチはカレーとナンのセットを中心に沢山種類かありまして
店内の貼紙にも書いてますように
チャーハン、ラーメン、オムカレー、唐揚げセット、はては焼鳥…とまぁ
なんでもアリな食堂的ネパール料理店なのです。
お酒もネパールのビールやワイン、芋焼酎などそろい一品料理もあるので居酒屋みたいな使い方もできそうです。
ちょっぴり生活感も漂い
観光地の裏通りにある地元の人達が新聞広げながら歓談してるみたいな気のおけないお店って感じ。
(これ、PRになってますよね)
シェフのスシルさんは流暢な日本語でネパールの風習なんかをお話してくれますし
オーナーさんとの会話のやりとりがほのぼのして、聞き耳をたててクスリと小さく面白い。

デザートにサービスしていただいた
とても甘くて白い丸いものは牛乳を煮詰めたものにシロップを吸わせたインドのお土産で 名前は 何度聞いても「オシボリ」にきこえました。
発音が難しいですね。

ついでに もう一ついただいたお土産はチーズをカチンカチンに乾燥させたもので 口淋しい時入れておくといいらしいです。
噛むと歯が折れるから 舌で転がすだけです。
2時間はなくならないヨ…との事ですが コデマリは食べ切るのに4時間かかりました。

見た目キャラメルみたいですが甘くなく (味がないに等しい)歯にくっつかず 摩訶不思議な食べ物でした。

店内はお二人の温かい人柄も手伝ってアジア料理屋なら、ぜひとも持ち合わせて欲しい人間くささがあり 何故か居心地がいいのです。

お店って小綺麗な箱だけがあればいいって訳じゃないんだなぁと思います。
人の好みによりますが…
「ただいまぁ~」と言いたくなる様なお店です。



Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/377-e2f82d57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。