スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、袋の中身は… 








































よく、年始の福袋を買ったら
すぐに近くの喫茶店で開封し、
お友達と公開し合うとか
昔やりましたが
やはり本の お楽しみ袋も帰宅待たずに 開封してしまいました。

おっっ~~??
これが図書館司書さんセレクトの
『渋い』の中身です。

こ、れ、はかなり当たりですぞ。

芭蕉の句を詳しく解説した本も
なかなかでしたが

甲冑のガイドブックは
まず自分からは借りる事はないけれど
とても気になる本でした。

博物館などに展示されている甲冑を
またに見かけますが
ヨーロッパの鉄製の鎧兜ちがい

甲冑はとても細やかでしやなか。
工芸品のように 思います。

甲冑について多少なりともた
知る機会ができました。

本によると、合戦に臨む武将たちは
鎧を作る際、単に敵を威嚇するため
だけではなく
もののあわれを知り
死を前にしながら真剣に美を求めて
いたことが察せられる…とありました。


そして、最後の一冊は建長寺と精進料理の本です。
アザミがこの世で惹かれるものに
ドレープがありますが、
(一番好きなのは密教系オレンジの袈裟のドレープ)
こちらの禅寺のお坊さんが沢山載っている
萌え萌えワールドな一冊でした。
冬の献立、レシピなども掲載されています。

お楽しみ袋バンザイ??

ぜひ、キックスには来年度もやっていただきたい
楽しい企画でした。

ちなみに教えてもらったヴァンコランさんは『黒い』袋を選ばれたそうです。
中身は、
??カラスの生態と不思議
??ブラックジョーク大全
??コーヒーを美味しくするテクニック
だそうです。
確かに黒を連想させる
なかなかのセンスですね。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/1343-8def46c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。