スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみた 

















アンティークの夏着物、笹のような
模様と軽~い着心地(絹のようです)が気に入ったものの
かなりの寸足らず。
対丈で着ればなんとかなる
と思いつつ買ったもののやっぱり無理がありました。

毎年、眺めながら 夏が終わり
すでに6年経過。

思い切ってハサミを入れてみました。

サラシで布地を足して…

ザクザク縫いだからすぐにできた(*^^*)

腰ひもを半分に切って縫い付けてもいいかも(実際はやりませんでしたが)

上部も切端をかがって出来上がり~。

今日のお稽古に着ていきました☆
やっと 日の目を見れました。

これからはドンドン着よっと?

でも実は前身頃の部分が短くてギリギリ帯に隠れてしまっています。

先生いわく
「袖が普通より長いから切って
前身頃に継ぎ足ししたら偽装おはしょりに見えるんじゃない?」

なるほど~

今度してみよう








Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/1174-086f0ba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。