スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時の記念日に思う 












そうだ。今日は時の記念日でした☆

時の記念日って なんだったかしらと
調べてみました。

日本で初めて天智天皇が水時計(漏刻ろうこく)を作られたことにちなんで毎年、時の記念日の6月10日に、天智天皇の偉業をたたえ、全国の時計メーカーなどが参列して漏刻祭(ろうこくさい)が営まれる。

…とありました。

漏刻は水時計の事ですが
今の時計とようすが違いますね。

当時、漏刻の管理は重大な役目だったらしく
陰陽寮の漏刻博士が二人交代で
水の量をチェックし鐘や太鼓をならし
時報していたそうです。

ところで時間って、楽しい時は短く
感じるし つかみどころがない不思議なものです。
時間をテーマにしたお伽話は浦島太郎がまず浮かびます。

あと、何年か前よくテレビで放映されていた
アシュリーちゃん。
ブロジェリアという通常の10倍も早く老化が進む難病をかかえてながら
けなげに明るい彼女に惹かれて本も
持っていました。
遺伝子の異常らしいですが…。

彼女は外見だけじゃなくて精神的にも
大人以上でした。
驚くくらい達観していました。

時間…考えれば考えれる程よくわかりません。

たぶん 自分が時間の渦のなかにいるので。
もしかしたらプラネタリウムで
星空を眺めたりすると 少し
何かがわかるかもしれません。





Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/1137-1017a924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。