スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信達宿の野田藤・藤まつり 

今年も紫のシャワーを浴びに
泉南まで行ってまいりました。
moblog_67ed4719.jpg

野田藤は 紫が濃く香りも強く
花房が長いのが特徴で、
「吉野の桜、野田の藤、高雄のもみじ」
とうたわれている程だそうです。
moblog_2bde7ab9.jpg

平成の花咲か爺さんと 呼ばれていた
梶本邸です。
moblog_ac2e13e0.jpg


お亡くなりになられて、今年5年目の
春を迎えられるそうです。

邸宅全体を覆うかの様な
藤の花。
一本の幹から約4万の花房が…。
みごとですねぇ


日曜日でお天気だったので人がいっぱいです。

清らかな いい香り~
moblog_2ba65de0.jpg
藤棚を激写してるねこちゃんを激写(笑)


階段を設置して、藤を見下ろすような
花見台も造られていました。
moblog_e7f882f4.jpg

藤の雲海が広がります。
普段では見られない光景ですよね。

緑のジャンパーを着た
野田藤保存会の方々や関係者の方が
とても親切に説明してくれて、

梶本さんの藤を愛してこれからも
継続していきたい気持ちが熱く伝わってきます。

moblog_14dbfdd4.jpg

敷地内では、ちょっとした手作り雑貨や野菜なども販売していたり
中庭でオカリナ演奏をしていたり
活気づいていました。

藤を見上げながら 訪れた人が
平和な気持ちで癒される
藤まつりでした。

moblog_eeffff15.png







Comments

綺麗ですね

今年も行かれたんですね。実際にみたら
何倍も綺麗だろうなぁ。一本からこれだけ咲くなんてビックリします。
お世話がさぞかし大変でしょうね。
一回くらいは見てみたいです、

そう、やはり

これだけの花を咲かせる為には
大変のようです。

影なるスタッフの方々の努力の賜物です、すごいよ〜

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://kodemaricafe.blog48.fc2.com/tb.php/1043-77ce6e9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。